2017.04.26 Wednesday

スポンサーサイト

  • Author : スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • | - |

2011.07.24 Sunday 22:00

ソナーニルWEB小説1、2話感想

わあああ、ソナーニルWEB小説が素敵なんだぞう。
桜井さんのうっとり文章に、AKIRAさんの美麗なイラストに、ごろんごろん転げまわる。


以下、ネタバレ感想



まずは1話目でエリシアさんがっ、エリシアすわんがーー!! 絶叫でした。
だって、エリシアさんが、逃亡の身の上に! ヘンリー・フォードに命を狙われてるだって、オーマイガッ!!
ヴィヴィとセルヴァンに暖かく迎えられる光景を思い描いてましたが、
本編の辛い旅路を歩んだだけに。それは甘かったー。
踏みこんではならぬ領域に踏み込んでしまった知りすぎたんですね。そっかああ。
友人に魔の手がおよばないように合衆国を去るエリシアさんに涙。
あんなにぽややんとしたエリィちゃんだったのに、涙
それと、逃亡先がカナダ連邦で、
スコットピルグリムとマードックミステリーとアボンリーへの道懐かしいが手伝って、
カナダの歴史が知りたいぜっ。


2話目は、あーもう、リリィ可愛い、Aリリいいっすなあ。
ひたすらニハニハしてたらがっつり心臓鷲づかみシーンがきたよ!
ジャ、ジャガーマンすわん中の人っ!!
いやいや中の人とか言うな、本体、本人。
もう髭ジャガーさん本人に惚れちまって、今までのジャガーマンの見方が変わっちゃうという。
あれもこれも、ジャガーマン名場面が……!!
ジャガーさん思い出すときには、だが髭だ!  ソナーニルを再プレイしたら出番の度に、だが髭だ!(オカリン風)
 もう、格好いい髭メンがちらついて離れないに違いない。
ならば、外伝おまけでちらり言っていた入浴シーンは激しくアリだー!! 
鼻を手でおさえつつ。

なるほど。地上の本体が地下世界にナワルとしての化身をとばしていたのね。
チクタクマンに仕えつつも、ジャガーの神である側面を棄てたかもしれないチクタクマンを狙ってたのか、ハラオチ!
しかしAさんに……、ああ無念っ。
そして、仔猫になったリリィがちょう可愛くて、「ニャ」って、猫アレルギーの猫好きは悶えちまうよっ。
疲れ切った男に寄り添う一匹の仔猫。絵になるわあ。ここのシーンがとっても好み。
リリィたんは優しい子で良い子で大好きだ!


アステカ神話メモ byWiki

ジャガーの神。テスカトリポカの化身の一つテペヨロトル。
テスカトリポカの神性のジャガー的な側面。

真実の姿がテスカトリポカかな。ナワルはジャガーだし。
ソナーニルではチクタクマンの別の顔?

古典期マヤの統治と雷の神である「神K」
雷の戦士???

テスカトリポカに恨みをかい追い出された。蛇神、翼竜、ケツァルコアトルス。
ついったー小説に出てきた竜は、翼竜のケツァルコアトルスということかな。
白い顔の男性とも考えられている、と。 
第1話の白い男……じゃ、雷の戦士???
神K=ケツァルコアトルスってのもあるみたい。ぐぐったら。
テスカトリポカとケツァルコアトルスは双子の神とも。
ケツァルコアトルスは白いテスカトリポカとも。
チクタクマン対雷の戦士……しっくりくるかも。

ウィツィロポチトリ、紅涙の!
ケツァルコアトルスらと創造神の一柱。
アステカ人はウィツィロポチトリの予言に導かれて建国した、とも。


ちらりと読んだだけじゃ、おう、頭から噴煙がもくもくと!
だけども、考えたり推察したりスチパン作品はのりしろがあるところが楽しい!


2017.04.26 Wednesday 22:00

スポンサーサイト

  • Author : スポンサードリンク
  • | - |

Trackback:
トラックバック機能は終了しました。
 
ついろぐ
CALENDAR
NEW ENTRY
CATEGORY
ARCHIVES
PROFILE
ドラクエX思い出アルバム
  
MOBILE
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SEARCH
OTHER
PR

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.