2017.04.26 Wednesday

スポンサーサイト

  • Author : スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • | - |

2014.09.11 Thursday 12:47

漆黒のシャルノスFVR 1章プレイメモ

スチパンシリーズで初めてプレイしたタイトルで、ええとブログによると初プレイは5年前の2009年。
発売後だったので参加企画や人気投票とか羨ましかったですねえ。
この時はインガノックもセレナリアも知らなかったんだよなあ。
今じゃスチパンシリーズを全部プレイしてますからね(鳥頭でいろいろ忘れてもおりますが、残念)
それを加味しての2周目とかどうなのよ!
しかもフルボイスだよ、新規CG追加ありだよ!
初プレイ時よりもあれもこれもわかちゃってよさげですねえ、もうプレイ前からわきわきしてます。

しかしFVRの発売は2011年かあ。3年前、たぶん最近のことだよね、きっと。ん、問題ない。

ようやく倫敦へゴゥゴゥ!
(※2周目なのでいきなり核心つくネタバレあり)



冒頭のリトル・シャーリィのセリフから、「もしも世界が終わって、ふたりだけになっても」
シャルノスでのメアリとシャーリィのシーンがぶわっと蘇って胸熱。
なんだか幼少の頃から二人の行く末を示唆しているようでもあり。

チャペックせんせー、シャベッタアアアアアア!!!

フルボイスの衝撃が今、ここに。
もうシャルノスの中なのか、逃げ惑うチャペック博士のモノローグがリズムよくっていいね。
フルボイスだとなおさらに。
バロンもフルボイス。無印は最後のセリフだけだったものねえ、しみじみ。
尊大な口上にはテンションがあがりますなあ。
バロンと対峙しているのはMさんだっけ?教授だっけか? もう記憶がダメになってる。
ボイスついていなかったキャラが喋るたびに嬉しい。
男性陣はMさん以外軒並みついてなかったはず。
なんとレストレイド警部の電報の文面にもボイスが!
警部、会える日を楽しみにしております。

はい、きました地下奥深くの大隧道、機関回廊!
モランさん、ちらり柔肌が美しや〜。
Mさん声キター! いつもながら、かっこええー!!
あれ、なんだろう優しげに聞こえるような。幻聴か。幻聴だ。
モランさんの兵装は不十分だけど、彼女とクルーシュチャ方程式があればOKだってMさん。
方程式は最強だもんなあ、んん最恐?
1章ではまだ見れないけどMさん無双がはよ見たい。
体験版やった時にあれで購入を決めたものなあ。物語の行く末も物凄く気になったのもあり。

白昼夢。
わかる、わかりますぞう。黄金瞳が見せるんだ、シャルノスを走るメアリさんをだ。
背後にせまるのはチャペック博士、かと思いきやシャーリィの声に似ている?
もっと先のことを視ているのかな?

金曜の午前中、講義までたっぷり空いた時間をカフェでイレブンンシスか。二人でティータイムええなあ。
スコーンにクリームたっぷり、美味しそう。
クイーンズヴィクトリアストリート、シティエリア、ビックベン、タワーブリッジ……。
倫敦の雰囲気、固有名詞だけで大興奮。
まあ、あんまり知識がないから、ゲイシャ、フジヤーマ、ニンジャ!と鼻息荒く興奮する外国人の方々と同じレベルかとw
年は1905年と、メモメモ。

シャーリィ、美人さんだなあ。ゴールデンブロンドとドレスが素敵。
かつ優秀で、学院で羨望の的だと思うよ!
メアリすわんもオッドアイと目立つから、この二人、学院で噂のまとになりそうなものなのじゃが。
しかし、非モテの人なんだろか、メアっさん。スチパントリュビュート冊子を見るに。
シャロ子姉さまの冷ややかな視線で一掃ですか、レストレイド警部もついているものなあ。
ああ、のちのハイドパークでわかった、初恋もまだなメアリさん。未来は如何に!
あ、ハインツさんの話題。まるで薔薇の花か…ごくり。クローディアさんは彼にいれこんでるなあw
ベルの声もかわわわわ。

メアリさんのお話読んでみたい。
黄金瞳のおかげか、出した絵本が少数発行ながらさるところで注目されてましたっけ。
ソナーニルR特典のスチパン年表にあってびっくり。

サロメ。ヨカナーン。赤面するメアリさんにニヤニヤ。ちょっと、えっちぃのに興味をしめすお年頃デスカー。
(ガクトゥーンのドラマCDであったねサロメ)
初プレイ時ではなじみがなかった作品も、ここ5年間でシャルノス関連で読んだりなんだり。
ミューディーズでのフランケンシュタイン。メアリ・シェリー、セレナリアFDのあの子!
けっこう前にNHKでラジオドラマがやってたりしてその影響で原作を読んでみたり。
メアリいわく、彼女の書く本は、愛の物語とも。怪物のセリフはそうかも。わかる気がする。
モンテ・クリスト伯もジュニア向けだったけど読んだり。
すっかり影響されてます。

そういえば、モランさん目撃の件。
メアリさんは黄金瞳で暗示迷彩をやぶるのはわかるけど、シャーリィも普通に見えているんだな。
チャペック博士の研究会の成果か、うむむ。

ハイドパークの空の隙間、できた原因ってなんだったっけか。インガノック関係だっけ?
こりゃインガノックFVRも必須だな、やりたい。とりまインガノックの最終話のおさらいを!

あと、シャーリィは半年だけお姉さん。

碩学院。
クイーンズストリートからほんの少し先、植樹された木々の中にある。メモメモ。
ふむふむ、碩学の養成施設。
学費の類が要らなくて、王室の管理下にある。
女子学生も多いけど男子学生の数が圧倒的に多い。
ならばメアリさんとシャーリィ、よけいに目立ちそうだなあ。

アーシェ初登場、かっわいい!
イングランド系貴族ダレス一家。
没落しているけど名家なんですな、それを微塵も感じさせない元気いっぱいのアーシェリカが大好きだ!
しかし、ハワードも誘ってOKといっているのに週末三人で遊びに行くとアーシェ。ほんとハワード可哀想w
思えば、アーシェとハワードのおかげでシャルノスに巡り合えたので、なむなむ、二人に拝んだり。

チャペック先生とシャーリィのやりとりが、シャーリィ怖い。
もう未来を見た後なのかな。

あ、新しいCG!
メアリと教授の特別補講かあ。
あまり気にもとめてなかったけれど、うーん、この教授がくせものだったとは。
1章ラストらへんでホームズさんへの住所を教えてくれるし、のちのちも、重要。

ドナさん、メイドさん素敵。
メアリがシャーリィと再会したのは2年前。ちょうど碩学院に入った頃かあ。
アーシェと出会ったのが1年前。出会った当初は口数の多くない表情の険しい子だった、と。
ドナにも初めのうちは人見知りしていたから、けっこう人見知りするんだなあ。
ちょっと人懐こい今のアーシェからは想像できないな。仲良くなったらとことんってことかな?
んん、会ってから夕食をともにしていたが、この数か月シャーリィと夜を一緒に過ごさなくなった。この時、すでに交霊会か!?
てか、もくもく食べるアーシェが可愛い!
クラレットワイン飲んでみたいー!

下宿に戻り、カダス古語の翻訳。
セレナリア、もちろんその言葉にもきゅぴーんと反応。シャルノスとは対照的に青空のイメージが頭いっぱいに広がるね。
すんなり宿題ができるのは黄金瞳のおかげかと。
てか、お風呂後のネグリジェがちょうかわいい!
あ、ここ。レストレイド警部の電報。文面ももちフルボイス!
お母さん、マメに電報をよこしているし、メアリを愛していると思うのだががー。

翌日。昨日が金曜日だったので土曜日。
ほんとにハワードがいないw

朝なのに排煙に煙る都市、メアリさんと教授が話していたとおり煙害はすさまじそう。
夜のようにところどころ灯りがともっていて、これなら青空がなんだったかも忘れる。
途中、ウエストサイドのライシーアム劇場にさしかかりヘンリー・アーヴィング様について。
アーシェもメアリも好きなシェイクスピア俳優。もうここで名前がでていたのか!
残念ながら三人で観に行けないのだがね。
でもまあメアリさんは別の誰かと行くのだが。傍らの人の反応が楽しみだね!
3章以降の記憶がほぼすっとんでいるので、もっと楽しみだね!

な、メアリはもっと背の高い人が好みだと、とシャーリィ。
それは、ザがつく人ですか、シャロ子姉さま!
メアリすわんは初恋もまだなのか、そうなのか。

どしたのふたりとも。アーシェの言い方、貴族ちゃうわー、でも可愛い!

で、ここでのモノローグのメアリさんの物語をなぜ紡ぐかの見解が興味深い。
ああ、こういうところも黒の王が気にする所以かも? 黄金瞳だけではなくて?

ああ、アーシェリカ! 鋭い子。
シャーリィの様子がおかしいって気づいていたんだなあ。
チャペック博士との噂など心配だよね。

ハイドパークまではいつもの平和な日常が続いていたのだけど、
シャーリィが呼び出され、チャペック博士と碩学院に消えてからきな臭くなる。
機関回廊でモランがメタクリッターの発生フラグメントを感知したり。
碩学院から出てきたシャーリィは、きっと検体に使用された後なんだよなあ。
二人目の検体が使用された。(シャーリィ)
一人目はもたなかった。(マリアベル)
チャペック博士とシャーリィがいる時、メアリが喋れなかったのは言語迷彩のせいだったり。

ここから街の雰囲気もおかしく、シャーリィの絶叫には初回時は怖かったなあ。
背筋に冷たいものが走った覚えが。
黒妖精が出現してメアリさんの黄金瞳求めて襲いかかってきたり、おっそろしい。

シャーリィから贈られた彼女自作の懐中型通信機。
4つの声に反応して4つの計器が動く。これを見越して贈ったのかな。
シャルノス内を逃げまどうメアリさん。
ヴィドック卿の発展理論、聖ジョージ。かっこいいよねえ。
神様! と、叫び、かよわきながらも鉄枷ジャックに対峙するメアリさん勇ましい、かっこいい!
ほいほい、きました。Mさん「ここへ来い」
悪魔の囁きか救いの手か。この展開いーっすよねえ!
今回はMさん無双はまだ見れず途中で暗転。次章が楽しみ。

余裕があればゲームパートとゲームパートスキップした2系統でいきたいものだがー。
ゲームパートに入る前にメアっさん語っているものねえ。それスキップされちゃうからなあ。
初回時の中盤あたり、黒妖精を罠にかけるまで猛者に成長したメアリすわんでしたが、
腕がなまって速攻でゲームオーバースチルをゲットしたがの。

夜の怪異、二日前から昏々と眠り続けるシャーリィ。
タタールの門をぬけて黒の王に会ったのはいつ頃だったっけか。
この時の眠っているさなかなのか。これから検証ですです。わ、忘れているので。

メアリさんが目覚めて5日目。ついに行動にでる!
教授のつてで、かの有名なシャーロック・ホームズさんの住居へ。
しかしいるのはMさん。ちょっ、Mさんの、ホームズ真似っこがおもしろい。
いんやあ、あの黒の王がこうまですらすらと喋るとは!
『待て。しかして希望せよ』
Mさんによるお言葉、ぬおおお、いいすねえ!
黙りこくるところ。地なのか言いづらいのか、モンテクリスト伯、唯一の愛読書。
(そういえば初回は、Mさんが話が進むうちにどんどん寡黙なって、うぐうううと悲しんでましたが、寡黙がデフォルトなんですよ。
夜中に女子を呼び寄せケーキをさあ、食え! ですもん、ほんとわかりづらい。FDだったっけ?
けどMさん最高だ!)

バロンの締めで、1章終了。
もがく者がひとりでも残っていたなら、かのハイエージェントMは苦悶の末に憤死する。
この言葉が気になるなる。もがく者。メアリさんか?

やっぱり初回時よりもいろいろわかって楽しかったなあ。
情報量が多くてメモりっぱなしでした!
さて、お次は2章。Mさん無双が見たい!



いんやあ、待望のシャルノスプレイですからね、せっかくやるなら記録を、この忘れっぽい頭に多大なるインパクトを!
1、2章と最終章は復習していたけど、以前に書いてたあらすじを読む。だけど勘が戻らない。
フルボイスなのでざっと聴きながし。でも足りない。
やっぱり最初からプレイ。あらすじに書ききれていない、この枝葉の部分が大事なんだよう。
と気になる言葉を書きとめ、以前のあらすじをどんどん更新し、なんじゃこれ終わらない。
1章がぜんぜん終わらない。
もはや勉強なの? テストに出るシャルノスなの?
ねちっこくプレイでした。はしゃぎすぎ。
(感想文にトライしようとも飽和しすぎて何も書けずいつものプレイメモに逃げた。感想文って難しいなあ)
まあ、気の済むまでのんびりやりまする。やっぱりシャルノスは楽しいね!

2017.04.26 Wednesday 12:47

スポンサーサイト

  • Author : スポンサードリンク
  • | - |

Trackback:
トラックバック機能は終了しました。
 
ついろぐ
CALENDAR
NEW ENTRY
CATEGORY
ARCHIVES
PROFILE
ドラクエX思い出アルバム
  
MOBILE
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SEARCH
OTHER
PR

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.