2017.04.26 Wednesday

スポンサーサイト

  • Author : スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • | - |

2016.07.20 Wednesday 22:50

幽撃隊9話DBシナリオ ネタバレさらっと感想記

やあやあ、ほんとうにDBシナリオありがたいー!

9話のDBシナリオはいままで一番驚いたかも。秀逸の一言。

キャラの掘り下げがありがたや〜。

(と、いつも言っているような)

 

以下、ネタバレ↓

 

 

人に歴史あり。

見た目や態度ではわからぬもの。

己だってそうであるように、まわりの人達だってそうなのだ。誰しもが何がしら背負って戦っているのだ。目に見えぬだけで。

 

そんな風に思い出させてくれる、ことさら9話後のDBシナリオはよかったなあ。ほんとうにキャラの掘り下げがありがたいー!

白峰さん。こんな人だったんだ、と同時に過去と今とのギャップに驚いた。

クラスでの印象も違ったような。もっと輪の中心にいるように思えたけど、ちょっと影あるような、なにか違うんだなあ。

 

読書にふける新規CGがそうとうイケメンじゃないか、こらー!

思慮深い。

 

彼女の小夜子さん、美しい人でしたなあ。

公園、カフェ、美術館……出会ってからの2人の日々は輝かしく。

でも、その幸福も続かないんだなあ。

どうなんだろう。

生い先が短いから、見返りがないからといって捨ていってしまうものか。

 

生前と変わりなく逢瀬を繰り返すも、彼女が悪霊へと変じていく過程が心苦しかった。

 

そうか、彼女を除霊するために、剣をとったのかあ、白峰さん。偽夕隙社と一緒に行動していたのも、なるほど。

だけど、いざ彼女の霊を目の前にして、やっぱり揺らぐよなあ。

 

白峰さんが辞めるかもな時の、みんなの反応があたたかくてよかったなあ。

(なぜか、支我さんはオカンと胸に刻まれた。な、ぜ、だ!?)

千鶴さんも厳しいことはいいつつ、白峰さんの目が覚めるまで側にずっとついていて、そんな夕隙社が大好きだー!

左戸井さんによる、雨宿りの時の霊の話もよかったなあ。

肉体と精神を欠いた霊魂のみではその人なりえない。肉体が腐るように同じく魂も腐る、劣化すると。

なるほどなあ、そうやって霊は悪霊になっていくのか。

あと、白峰さんの問いに「世の中にゃすっぱり割り切れる物事の方が、少ない」と答える左戸井さん、オ、オトナっすわー!

 

姿形が似てたって、クローンじゃダメだよね。その人ではないと。さゆりちゃんも同意見。

萌市のアイちゃんに対する想いも素敵だ。研鑽があっての唯一無二の憧れの存在となりうるのだろうね。

 

ラストまでハラハラドキドキでした。

えええ、どうすんの? このまま白峰さん不在でトドメをさしていいのか!?(戦闘はレベリングのおかげでチリバツっしたあああ)

戦闘突入からやきもきしていたのが、すんでのところで白峰さんが駆けつけ、決意の一閃。ムービーも素敵でしたねえ。

決着をつけられてよかったな、白峰さん! 別れを告げれてほんとうに。

 

バタイユの一節も素敵でしたなあ。

風でめくられたページはきっと……。

 

本懐を遂げた白峰さん、え、剣を龍ちゃんに託していなくなってしまうのかー?

支我さんも意見を尊重して送り出す方向だし、焦ったよ(ここらへんがオカンなのか)

みんなが寂しがる中、会いたくなったら会いに行けばいいんだから!と、言い放ったさゆりちゃんはとても男前です。

そのセリフのおかげかちょうど白峰さんリターン。

「非連続な存在である私たち」と引用しながらの締め、ほんと9話のDBの白峰さんはよかったなあ。

 

余韻を引きずりつつ、ラスト後のインターバルで白峰さんをみかけての会話。

おおう、もちろん我らは、さゆりちゃんのライバルなんでございませう。

いつもの白峰さんに戻っているのでした。ちゃんちゃん。

でも、彼女への真摯な態度と日々は忘れないよ!

そういったバッグボーンがあってでのフェミニスト、なのだろうね。

うむ、人に歴史あり。

 

あ、そだ、冒頭の白峰さんが飲みものの買い出し行くときの、ドリンクのチョイスがそれぞれの性格をあらわしていてよかった。

なかでも支我さん。高校生で無糖コーヒーだとう!

サスシガー!!(流石が支我さんの意)

あ、わたくしめ、龍ちゃんはハイボーr……いや炭酸飲料で!!

 

 

 


2017.04.26 Wednesday 22:50

スポンサーサイト

  • Author : スポンサードリンク
  • | - |

Trackback:
トラックバック機能は終了しました。
 
ついろぐ
CALENDAR
NEW ENTRY
CATEGORY
ARCHIVES
PROFILE
ドラクエX思い出アルバム
  
MOBILE
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SEARCH
OTHER
PR

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.