2017.04.26 Wednesday

スポンサーサイト

  • Author : スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • | - |

2016.08.25 Thursday 06:42

幽撃隊DB 11話〜最終話まで/DB追加要素をネタバレ感想

11月末発売から9ヶ月ほどのっそりとやっていたので、メモライズしつつのクリアはなんだか清々しい。
ほんとうにDAYBREAK SPECIAL GIGSが出てくれてありがとう。

とっても楽しかったよー!!

 

 

追加要素を楽しみにしてましたが、おおお、テキストがパワーアップしてる、会話を選択するところも増えてる!
しかも、2連戦になっていたり、「インターバルまで戦闘がないよなあ〜」と気を抜いてたら不意打ちでのDB追加戦闘におったまげるよ。
あと、ボス敵が緑の複合霊やら可愛いものじゃったと思えるぐらいの、HP1000越えです。しかも反撃がもれなく痛いです。
うちの龍ちゃん、ロマン重視の近距離武器の日本刀だからさあFUHAHAHA。
3回立て続けに攻撃したら、ことごとく反撃であっさりHP削り取られゲームオーバーです。

11話。九門隊長さんから託された、未解決事件のことをすっかり忘れていたアホウ。
死刑になった以後も、霊となって殺人を犯し続ける霊か。お、おもいだしたー!

千鶴さんのいない夕隙社はなんだか寂しかった。レベリングしていた時に戦闘終了してもねぎらいの言葉がないんだあ、ちょっと物足りなかったよね。
そんな編集長がようやく釈放です。
「反撃の誓」のムービー、千鶴さんのキリッとした表情がいい。ここから巻き返すんだぜ!

インターバル後、さあてさくっと除霊っすよー、監房の檻のところに緑の残滓がべったりとついていたっけ、なめるの嫌だなあと思いきや。
あれ、鍵がかかっていてる? 看守の霊がどやどやと現れ、ボスの前に戦いがあるとは思わなかったさ。追加要素。
前哨戦でレベルが75かあ。高レベルだけど、大丈夫だ、それほどHPが高くない。ひ、ひるむなー。
なんなく撃破。しかし、問題は本命の死刑囚の霊です。レベルは64、龍ちゃんと同じ程度だけど、HP1200かあ。ふおおおお。
こっちも複合体やら果ては学校程も巨大な霊を相手にしますからねえ。
学んだ。回復を挟みつつ連撃しれば大丈夫なのだぜえ!(というか今までが脳筋すぎだろ)
攻撃の間にホットドッグだのおにぎりだの食べながら日本刀を振るう東摩龍介。高校生、18歳。
さらに、さゆりちゃんの特技がMAXになったので、HP全回復の白き奇蹟を覚えたのだった。
龍ちゃんもさっそくマスター。鬼に金棒とはこのことだー!
しっかし、人が必死こいて覚えた特技をさっくり覚える。恐ろしい子……!(白目)

死刑囚の霊が言っていた、終わりのない魂。
この11話のラストより支我さんの過去をも含む、ラストへの話が動き出すんだよなー!

12話と13話は連続するので、11話後がみんなと会話を交わせる最後のインターバル。
無印の攻略本とにらめっこしつつ、12話とラスボスも見越して耐性装備もしっかり完備。持ち物も惜しみなくレアな品の数々を持ち出し。みんなにも話しかけ、いざゆかん12話&13話!

「これで終わったと思うなよ」のセリフにほんわかアロマなだるだるさんを思い浮かべ。さて、冒頭の支我さんの過去、因縁のあの霊の囁く声から。
先生の授業も、シャーマニズムについて霊についての説明がパワーアップしているような。先生エンドもいいなあ、なんて思うほどに。

支我さんがよそよそしかったり怒鳴られたり(主にさゆりちゃんが)
深舟サマーと元気よく早退していったり(青春っすわあ)
千鶴さんに冷やかされたり、左戸井さんに示唆されたり、盛りだくさん。
無印の時は、支我さんの一挙手一投足に一喜一憂というかおろおろしていましたが、結末を知っているので余裕です。
2周以上プレイの醍醐味ですなあ、ガハハ。

そして支我さんのようやく明かされる、動かなくなった脚についての顛末。青白い肌をした男の霊との因縁。
何度聞いても辛い。
(そういえば左戸井さん、ナイス鉄パイプ! 動かなくなった脚に動揺していたけど、すんでのところで支我さんを救っていたのでした。ピンチヒッターでほんと頼れる。)

そのくだんの霊が夕隙社に現れるも、戦闘はインターバルの後だよなあ。たかをくくっていたら。前に戦闘があってびびったー!
いつもは罠なしだけど、夕隙社内が睡眠の罠だらけで準備がいい。さすがホームである。

いつもは車内で待機、サポートに徹してくれる支我さんですが、今回は現場に一緒についてきてくれた。
同じ轍は踏まないと、頼もしいんだ。
戦闘に望む前、さゆりちゃんの「支我くんが悔しいことは、私たちだって同じように悔しい」と、ここのシーンがいいよねえ。そりゃ龍ちゃんだって悔しいさ!  憤るさー!!
二人の反応を受けて、支我さんがちょいと感動しているのがまたいいんだあ。仲間ってほんとにいいなあ。
こちらもじーんと、感動につつまれまする。

実はラスボスよりキツかった。アイテムを温存して戦ったのもその要因。
いつもの、塩囲み包囲網が突破されてなあ……。足止めして動けないところをみんなでフルボッコ攻撃ばかりだからなあ。

行動予測がなかなか当たらず、バッティングしたり残り時間が少なくてひやひやものでした。
なんとか撃破して、再び支我さんの脚が動くようになったのですが……。
ここの支我さんの喜びようがまた。すべての結末を知っているので辛い。
支我さんの脚が再び動かなくなるのが、初回プレイの時はほんとうに辛くて、無印の時はひきずったっけ。
支我さんエンドを迎えるまで思い出す度に悲しかったんだぞー!(初回は春吉ジャックブラック)
あと、支我さん狙いという霊の文言に新たなDB追加要素が。これはラストにかかわるのか、わくわくしたねえ。
お祖父さんも支我さんと同じく若い頃から車椅子だったというのも、こりゃ重要ですぞー!

そして、すこしでも救いでもあるような。

支我さんが立てるようになった喜びもつかのま、各地に異変が。
今まで斃した霊がいっせいに復活するという。そりゃあ大パニックじゃないか。
今までの騒動は一見ばらばらだったようで、実はすべては繋がっていた。
今思えば、學園に足を踏み入れてからとうにはじまっていたのかもなあ。
さあ、最後だ。行こう、はじまりの暮綯學園へ。

あの時と同じように現れる、儚げな夏服の少女。
白いコートの男の霊が現れ、凶弾に倒れる龍ちゃん。 血相をかえる二人が、やっぱり見ていられないや。
ラスト13話への流れが秀逸。
急展開で、この先どうなるのー!? という疑問と混乱でいっぱいのところで、一転して冒頭のなにげない学校の風景。
まだ霊体とは知らずに出席し、先生の宣告で己の死を知るという。この展開、何度見てもいいなあ。

龍ちゃんの霊、爆誕!
初回時はほんとうにどうなることやらと、主人公死亡エンドか!? と、ここらへん気が気じゃなかったよなあ。懐かしいわあ、遠い目。
気合いでさゆりちゃんを抱き留めたかったわん。

紅色の石灰の謎も、学校のチョークを使用しているから赤かったのか。なるほど。
ストーリー加筆のおかげで、無印のときよりきれいにまとまっていてすっと腹におちる。

しかも、最後の戦闘に萌市が駆けつけてくれたー! 師匠ー!!
4人目は一番好感度が高い人がきてくれるのですが、攻略本によると優先順位も載ってるねえ。万が一、白峰さんか春吉かもと準備はしていたけど、杞憂に終わりました。
さゆりちゃんと萌市トリオ+もう一人で、レベリングしていたから、二人とも特技を全部覚えまで育ってくれました。
支我さんの戦闘参加も嬉しい。召還プログラムがかっこいい! &強い。
駆けつけてくれた千鶴さんのバックアップも心強い。最終バトル、豪華ですやー!
ラストなのでレアな食材を放出し、プリンアラモードや福にぎりやら竜血やら。高HPだけど高価なアイテムのおかげで前回の戦闘より楽でした。(アイテムが残ったので出し惜しみして苦戦しなくてもよかったんじゃ……?)

すべての元凶である白いコートの霊のバックボーンも掘りさげられていて、よかったなあ。
独白は二重人格めいていた。第六感でたびたび聞こえていた、不安そうな男の声は、妻子を蘇らせようとする人格の声か。みずから手折ったというのに。
戦争が焦土が、男を狂わせたのか。

白いコートの男の霊の助手は支我さんのお祖父様だったり、無印より関連性ができたのもいいよねー。お祖父さんの車椅子に至るほどの大けがは、この男により負わされたとのことも。
支我さんを助手であったお祖父さんと混同していた。やっぱり霊に時間経過の概念がないのか。
だが、過去からの業ももはやこれまで。終わりの時だ。支我さんの、放つ言葉がかっこいいぞ!
だがしかし、ただでは終わらせない白コートの男の霊。龍ちゃんを道連れにしようと追いすがるムービーが凄まじいまでの執念。
支我さんが身をていして助けてくれるわけですが、初回時は、先のことを知らないしぐっちゃぐちゃのごたまぜで大変だったなあ。
ひきずりこまれていたらただでは済まさそうだし、きっとひどいことになっていた。
周回の今であるだからこそ、素直に思えるのだろうなあ。
龍ちゃんを救ってくれて本当にありがとう、と。

 

夏服の少女も穏やかに成仏できてほんとうによかった。別れはあっという間で。それだけもう悔いはないってことかな。

 

最終話も山場を終えてエンドまであとわずか。

 

さあて、ついにやってきました、誰エンドなのか!?
フラグはもれなく立てつつも成り行きにまかせです。

さゆりちゃんかな? 萌市かな?

黒髪の美少女が教室に駆けつけてくれた。
なんと、さゆりちゃんが来てくれたー! やったー!!
そうだったいいなあとぼんやり思っていたので、感動的エンドです。うれしや〜。
さゆりちゃんの告白。

初対面で気持ち悪い奴って思っていた。一言目に頭上からタライが落ちてきた衝撃。
い、いやまだ続きがありまする。
ほほう、龍ちゃんの言動に混乱していたとな。意識し始める、そこからがはじまりです。
友達……と言いよどみ、好きと照れながらも言ってくれました。

告白、しかといただきましたー!!
ついに好きと言ってくれた、あの深舟サマーがデレたー! ガッツポーズ。感無量。
気が強いから、両想いになっても龍ちゃんは尻に敷かれそうですが。

ますます千鶴編集長に似てきてるというさゆりちゃん。未来はあんな感じなのかもしれません。龍ちゃんは左戸井さんスタンスとか考えると微笑ましい。
精一杯、引き留めてくれるさゆりちゃん。しかし、成仏するかに見えて生き返る龍ちゃんさんなのでした。
左戸井さんの慌てふためく姿が何度見ても楽しいなあ、もう。

最後の最後にクリアデータをセーブする時にはじめて貼られる13話のポスターがまたいいよねえ。
あと、ツンデレヒロインのトロフィーを頂きました! わお、無印では告白で得られるトロフィーはなかったよなあ。嬉しい。

さあて、11月末発売から9ヶ月ほどのっそりとやっていたので、メモライズしつつのクリアはなんだか清々しい。
編集部の背景や、掲示板の依頼やお礼の書き込み。4-Bのくじ引き、現場の情報などなど、細部まで凝っていてプレイするたびに幽撃隊が大好きだなあって噛みしめていたなあ。
ほんとうにDBが出てくれてありがとう。とっても楽しかったよー!!

萌市エンド、開発レベルが18どまり……念願のサイコスーツをつくりたい、アロマなだるだるさん等など、まあだ出会えてないので、またプレイしようなー!
無印の時と同じ事言ってやしませんか(笑)


2017.04.26 Wednesday 06:42

スポンサーサイト

  • Author : スポンサードリンク
  • | - |

Trackback:
トラックバック機能は終了しました。
 
ついろぐ
CALENDAR
NEW ENTRY
CATEGORY
ARCHIVES
PROFILE
ドラクエX思い出アルバム
  
MOBILE
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SEARCH
OTHER
PR

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.