2017.04.26 Wednesday

スポンサーサイト

  • Author : スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • | - |

2010.09.14 Tuesday 13:00

フェイト/エクストラ 七回戦六日目〜決戦開幕まで

フェイト/エクストラ、クリア! 
一ヶ月以上プレイしていたのでクリア後は感慨深かったです。
さて、2週目はキャス狐かセバ子が迷ったけど、セバ子で!!
またもや女主人公です。
なぜかセイバーは女主人公というの定着してまして。
しっかし、サーヴァント選択でアーチャーが名残惜しくて、なかなかボタンを押せなかったり。
  



さて、七回戦六日目〜決戦開幕までです↓

 六日目。


凜!
メールアドレスをもらいました。
実体をもたずデータである主人公が、
この聖杯戦争終了後の行く末がどうなるかですが普通に接してくれて嬉しいかぎり。
ハーウェイを敵にまわすか。世界の6割、それは大変なことになりそう。
現実の世界で凜と主人公が逃げつつ戦っている姿がちらりとよぎる。
幸なんだか不幸なんだかわかりませんがね。


どうしようもなくお人よしで甘ったるくて懐かしい奴、それは士郎なのかな〜?


何もかも終わって落ち着いたら凜にメールできたらいいね、主人公!
何があっても守って上げるなんて、わお、ナイト様だ!
凜はほんとうによい子だ。
お人よしで甘ったるいの、君もじゃないか。
どうにか抜け道を探り当てて無事帰還してほしいと切に願う。


さて、本日、行動できる最後の日です。


へい、マアム! お望みの品をお持ちしましたぜ。
虎の魔法瓶を献上する。
まあ、そりゃタイガルートなわけはござらん。
お、マイルームに飾られた褒美のタイガーぬいぐるみ可愛い!


保健室へ、と桜を訪問。
セリフは変わりませんが挨拶をば。


一成いた! 思わせぶりの一日失踪でしたが別段なにもなく。 


弓道場に誰もいねー!


橙子さんもうまくいったらいいですね!


トリガーも揃っているので特にやることはなく、
アリーナへ行きレベルを一つあげたら即帰還。
ああ、行動できる最後の夜も更けます。
勝利を。そう答えを知りたいと決意する主人公。
そうやって彼女はサーヴァントとともに駆け抜けてきたのだから。

 

決戦開幕。


教室にて、言峰に対しての答えが男前だな!
ものすごい成長っぷりです。


マイルームにてアーチャーとの会話も最後なんだなあ、と哀しくなります。
今までのやりとりが急によみがえってきて感慨深すぎです。
敵の情報整理中にじんときました。
ひな鳥みたいな子がよくぞここまで、ほんとうにあと一つ、あと一つで聖杯に至る。
目の前にして彼女はなんて答えるのだろう?
それを見届けるために、私もまた駆け抜けてきましたから。


エレベーターに乗る主人公。その中で最大の敵と対峙。
レオはユリウスが倒れた五回戦からどうもいけすかない。
どこまでも上から目線で、少年王きどりで、余裕たっぷりで。
自分の兄が倒されても、その口に張り付いた微笑は消えず、
サーヴァントの特異体質を破られてもです。
こっちはあがいてもがいて死に物狂いで決戦をくぐりぬけてきたというのに。
だから勝たせてもらう。
その笑いを打ち消して王座からひきずりおろしてやりますよ。


決戦場でレオ達と向かいあい、よくぞ言ってくれましたアーチャー!
そうか、すべて持っているからこそ欠けている。
そこがズレているんだ。


さて、戦闘開始。最終戦なので緊張するなあ。
初手から頭が真っ白ですよ。


これでもかってほどさくさく殺られ、リテイク数回。
エレベーター内で違う選択しを選びつつ、ガウェインを挑発するアーチャーはよいですなあ。
皮肉屋A+++に違いない。


なんとかHP半分削ったところで無限の剣製発動。
カラドボルグ全弾発射! MPが尽きるまで。
強い! アーチャー! 1ターンで敵HPを全部削りとる。
HP半分になるまで待たなくてもよかったなあ。
それならあんなにもさくさくたられることもなかったです。


少年王の最期。
撃破後が悲しいのはレオも同じでした。
そうか心が足りなかったんだ。
慢心ではない。
限界を知らず敗北を想像することさえできなかった。
心が欠けていた。
己を把握したレオは哀しくて胸にせまります。
ああ、ガウェイン。
セイバーの側にいた彼、その己の感情で窮地に追い込んだ過ちをただそうと、
少年王に忠義をつくしていたのに今度も主君を守れず敗れるのは切ないなあ。
しかし、レオは負けること成長することができたので、それが救いとなればよいのですが。


死の淵で気づくのは酷だろうか。
それを学んでも次に活かすことはできず。
少年王に次があればどんなに、よかったか。
もしかしたら世界を正しい方向へと導くことができたかもしれない。
死ぬ前に気づけたのはせめてもの救いなのかなあ、とも思う。

 


2017.04.26 Wednesday 13:00

スポンサーサイト

  • Author : スポンサードリンク
  • | - |

Trackback:
トラックバック機能は終了しました。
 
ついろぐ
CALENDAR
NEW ENTRY
CATEGORY
ARCHIVES
PROFILE
ドラクエX思い出アルバム
  
MOBILE
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SEARCH
OTHER
PR

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.