2017.04.26 Wednesday

スポンサーサイト

  • Author : スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • | - |

2010.04.15 Thursday 14:31

白光のヴァルーシア 5章感想その3

いやあ、もう、蒼天ですね! 先生!!
作品リンクしあうの大好きだなあ!

さて、だらだら語りの感想、 5章感想その3 です↓

 砂船の旅団一行がほんわかダレン・シャンを思い出したり。
こっちのが明るくてにぎやかですけどね!
ビモモ=スを見て顔を輝かすクセルかわいい〜。


せ、先生! 
(その呼び方にペルソナ4のクマを思い出す。とってもカワイコさんです)
でも先生、釣りって、カルベルティが釣りするの!?
じゃなくて、フルボイスってすごい、カル兄さんの素敵さUPです。
ヴァルーシアカルベルティは成長して、洗練された感があります。
セレナリアの時は、えっと、なんていうか間の悪さと生き急ぐ感がはらはらものでしたが、
コニーとの仲は実際どうなのですか、先生!
表立っていちゃついてないからわかりにくいです、先生!
まあ、指輪を渡してきたし、発展しているんだがね!


アスルくん、そのもやもやはヤキモチという感情ですよ?
くぅ、ピュアかわいいすぎる!


いやあ、エヨカンといい、奔放な女子が多いなあ……!
ちっちゃ可愛いと思いきや蝙蝠娘さんは大人で、失礼しました〜。
男性陣も負けじとGOGOしてくださいな!?


輝けるものを見つけたとクセルに告白するカルベルティ、よかったよかった!
皇帝家の所業は酷いものなあ、バイロンをやっつけても家族は戻ってこないですし。
あ、そういえば、裏で思いっきりデレているんだった!
コニーの絵を描いたり。
考えてみれば、そうだなあ、おもいっきりいちゃついてるのは似合わないよなあ。
普段は何でもなさそうだけども、さりげに気遣う二人が良いのでした〜。


物語るものと言えば思い出すのは物語る姫メアリ・シェリー。
あの娘の背伸びしているのだけど、やっぱり出てしまう子どもっぽさが可愛いかったです。
アダム・ヴァイスハウプトですか、会報での坊やだからさ!な扱いのヒルドさんが印象的。
どんな姿がちょいと見てみたいなあ。


ディーラ・ドゥーラのおとぎ話。
セレナリアの時折、語られるおとぎ話がよかったなあと思いだし。
あわせ鏡のような話はシュプララプセールの祖先の旅だった王子かなあ。


己の未熟さに悩むアスル。
悩め少年! ぬっふっふ。
だけどもクセルに問われ大切なものを即答できるのは、すごいんじゃないのか。
子ども特有なのか、まっすぐだなあ。
守る!という少年が小さいナイト様ちっく。
だけどもクセルの反応が、ひっかかりますぞ。


え、アブホールはクセルが喚んでいる!?
でも以前あらわれたアブホールとは違い、
砂漠の王とも呼ばれ、10年前の出現したものでふるきものにも愛されていると。
アブホールも自然型とミミルからでてきたように任意型に分かれるのでしょうか。
どちらとも月が赤く変貌して気味が悪いですが。
それよりもまだアブホールの目的がわからないからないからなあ。
こちらの砂漠の王は恐怖をとめて欲しがっていて、
クセルが恐怖の根源ということは有力な手掛かりになりそうです。
第1章でも人造的なアブホールはクセルを狙っていたし。
カルベルティの話もあわせると、鍵は黄金瞳であるクセルですな!


カル兄さん、クセルとアスルに早く言ってよ! と、無言の突っ込みを受けたのには笑いました。
この二人でもまわりくどいらしいよ、兄さんしっかり!
ヴァルーシアカルベルティもやっぱり、
わかりにくさを備えたカルベルティクオリティは健在です。


気持ちをこめる。
うん、いいことだ! まねしよう!
船旅続行、アスルとクセルの優秀ぶり炸裂です。
いいなあ、クセルの手料理! エヨカンの表情可愛いすぎる。
というか料理初めてでフルコース級の料理をいともたやすくつくりあげる、
航路図に関して複雑な計算するクセルの才能に驚嘆!
完璧ヒロイン!
団長が二人を欲しがるのも無理はないです。
カルベルティに一刀両断され、叫ぶ団長が可愛い。


相変わらずの自他にも厳しいカルベルティさん。
アスルとクセルのやりとりをみていると、
コニーとカルベルティのくすぐったいじれったいやりとりに比べて、
アスル達が子どもなので素直に相手を思いやる行動にでる!
比べながらにやにやしてしまいます。
のちのちのコニーさんの仕掛け方は凄かったけどね☆

一見、つっけんどんで意地悪に見えるカル兄さんですが、
なんてこと不眠で寝ずの番とは頼りになります!
そして、己の物語を淡々と語る彼に涙。
差し伸べる手かあ! 
復讐しかなかった彼を包み込み変えさせるほどの包容力、
ほんとにコニーは気高くて行動力もあって素敵です!
よかったなあ、よかったなあ、救われてほんとによかったなあ。


ホラーもどきと戯れるクセルはやっぱり可愛い!


おっと、またもやだらだらと長くなりました。
カルベルティ登場で蒼天のセレナリアに関する事柄がいっぱいで楽しいです!
作品がリンクしあうのは大好きなので!
ちょっとセレナリアをおさらいしたくなったり。
大収穫はカルベルティのコニーへの想いです。
絆が深いのだなあと、愛されているよコニー!
戻るまで心配だけど待っててくだされです!


ということで、感想その4にだらだらと続きます〜。


2017.04.26 Wednesday 14:31

スポンサーサイト

  • Author : スポンサードリンク
  • | - |

Trackback:
トラックバック機能は終了しました。
 
ついろぐ
CALENDAR
NEW ENTRY
CATEGORY
ARCHIVES
PROFILE
ドラクエX思い出アルバム
  
MOBILE
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SEARCH
OTHER
PR

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.